プロフィール

スポンサーリンク
この記事を読むのに要する時間: < 1

れおねるって何者?

仕様書

  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 業界:半導体素材
  • 職業:会社員(新規プロセス研究開発)
  • 所在地:関東
  • 性格:
    内向的で一人黙々と考える事が好き
    また、一旦熱が入ると徹底的にやりたい凝り性

趣味

  • サッカー観戦
  • カラオケ
  • ドライブ
  • 飲食店巡り
  • 温泉&サウナ
  • 読書(技術書&お金の勉強)

経歴

  • 1年目:半導体素材の中小化学メーカーに入社。OJTで現場業務&設備改良。
  • 2年目:同課の別グループに異動。所属している課の全製品について学ぶ。
  • 3~5年目:新工場建設案件に携わる。
  • 5年目~現在:転職し、現在の会社へ。新規プロセス研究開発を担当

ブログを始めた背景

アウトプットの場が欲しい

転職後に配属された部署は、ほぼベテランで構成された熟練チーム。20代どころか30代もおらず、経験値に差があるのは当たり前ですが、「前職と同じペースで続けていたら、彼らには追い付けないな…」、と強い危機感を覚えました。
少しでも追いつけるように日々勉強はしますが、インプットだけでは中々身に付きません。

人が物事を理解し、身に付ける時に重要なのはインプット以上にアウトプットをする事!なので、そういう場が必要だと考えていました。

現職ベテランの知見・考え方を残したい

現職のベテランは半導体黎明期に参入し、時代背景と共に研究開発~プロセス開発~量産化に至る様々な知見を積み上げてきました。

しかし、私が彼らの技術伝承を受けられる時間は、会社にいる時だけでは余りにも短い。
さらに、彼らの0から1を生み出す発想力は、広く使えるはずだと感じていました。

当ブログで発信する内容

半導体化学業界について

半導体を製造プロセスは複数の工程に分けられていますが、それぞれ扱う薬液が異なります。また、その種類も多いので、

  1. それぞれどのような薬液があるの?
  2. どんな役割があるの?
  3. 求められる品質は?
  4. 今後の半導体化学業界の展望は?

上記のようなトピックを紹介していきたいと思います。

プロセス開発について

有名な化学メーカーでは業務分担がきっちりされているため、ラボ研究からプロセス検討、実機仕様検討まで全てを携わる事はありません。

しかし、私が勤めてきたニッチ向けの会社では業務分担が明確にされていないため、ラボから実機仕様検討までを担当する事は多々あります。(規模が小さいので。)

その中で得た各フェーズの段取りや考え方について、紹介していきたいと思います。

最後に

ブログを書くこと自体が初めての経験になりますが、まずはブログを書くこと自体を楽しむ、これを念頭にコツコツと発信していきます。

れおねる
れおねる

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

皆さまどうぞ、宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました